オシゴト整形外科医の本はこちら!!

【悲報】給付金の回収が始まったよ!



お仕事整形外科医です。


新型コロナ感染症の流行に伴い、国民に1人10万円の給付金が支給されました。


その当時から、税金・社会保障費の上昇が予想されていましたが、最近厚生年金の値上げが発表されましたのでご報告します。



今回の新型コロナ感染症の給付金のお金の出どころと、別だから関係ないという意見もありますが、今後さらに所得税なども値上げの可能性が考えられますので、家計をへの直撃に備えるという意味では、共通かと思います。

所得税・住民税の追い上げにも期待です泣
63.5万円中12万円近く、ショっ引かれるって、正気か・・・?


この記事の内容まとめ
  1. 社会保険料は年々上がり続けている
  2. 日本は平等に貧しくなる
  3. それでも格差は広がる一方
  4. 収入を複数化して、給与収入を下げる選択肢を考える





年々上がり続ける社会保険料

サラリーマンの社会保険料は年々上昇し、可処分所得(実際に自由に使える手元のお金)は年々減少しています。





こうなってくると、税金への知識は必須です。

サラリーマン医師の場合、節税には限界がありますから、やはり、収入の複数化と個人事業or法人の設立が鍵を握るのではないかと思います。

【これだけ】身に付けておくべき税金の知識
もちろん、医師が医業での派遣は原則禁止ですから、ここでいう個人事業や法人設立は、医業以外の事業によるものを指します。

医師にも第2の刃が必要

世の中は、大副業時代を迎えていましたが、新型コロナウイルスの影響でやや下火気味です。


「医師には副業の必要はないでしょ」と思われる方もいると思いますが、個人的には税制面を加味した場合、ある年収以上からは副業により事業所得を得ることも「あり」だと考えています。


【知識】いわゆる「バイト」以外の医師の副業のメリット

やはり、個人事業主であれば「青色申告+経費」のタッグは強みがあります。

さらに、法人設立まで行くと、法人税率は個人の税率からみると低く抑えられています。

医業には、安定感がありますが物理的・時間的な拘束がある仕事がほとんどです。

これ以上、時間を切り売りせずに可処分所得(手残り)を残すには、第2の刃をもちいた事業所得への道が良案であると感じています。

まとめ

はじめは、医業による給与所得と比べると、豆粒のように小さな事業所得かもしれません。


しかし、事業所得は自由度が高く、さらに仕事が楽しくさせてくれます。


収入のキャッシュフローを1本に依存しないという意味でも、医師の副業はありです。




新着記事

新着記事

HTOと同時に変性断裂の半月板縫合はするべきか? 【は?まじで言ってんの?】富裕層に課税して消費税減税!? 【オワタ】「日本は裕福」は昔の話。ここまで貧しくなったよ!!



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*