【便利すぎ】Google フォームは自動でスプレットシートに反映されることに感動

最近、ブログの見た目がかわったことに気づいてくださった方は、マニアックです。

大きな変更点としては、Googleフォームを組み込んでみたことです。

もともとお問い合わせフォームは作成していたのですが、選択式でないとなかなかみなさんからのご意見がいただけないなぁと思っていたのです。

今回のアンケート形式では、メールアドレスの収集も全くないから、回答者からしても安心だな

なるべーーーく、優しくしてくださいね





Googleフォームのメリット

今回、利用してみて感じたメリットをいくつかお伝えします。

  • 質問・回答の自由度が高い
  • メールアドレスの収集も必要に応じて可能(収集しないことも可能)
  • スプレットシート(Windowsでいう、エクセル)との同期が秀逸


質問・回答は、単数回答、複数回答いずれも設定可能です。

もちろん、自由回答(短文・長文)も可能です。


さらに、回答を必須にするか?の設定も可能ですし、質問の順番変更も簡単です。

回答者のメールアドレスについては、Googleのアドレスと紐付けして収集することも可能ですし、逆に回答者の抵抗感を減らすために収集しない設定も可能です。 Googleのアドレスと紐付けするメリットは、「いち個人による回答を一回のみに制限できること」です。もちろんたくさんGoogleアドレスを保持していれば話は別ですが、意図しない複数回回答を減らす効果はあります。

もう一つは、スプレットシートとの互換性、同期性のよさです。

紙のアンケートをとった場合を思い出していただければいいのですが、アンケートが返ってきても、それを集計するのに時間がかかります。

Googleフォームではそれぞれの回答に対する数の集計はオンタイムで行われていきますし、それをもっとみやすくしてwindowsでいう、エクセルシートのような形に変換してくれます。

これが、非常に秀逸で、アンケート回答終了とほぼ同時にスプレットシートに反映されます。

使用用途

Googleフォームは、今回ブログで使用しているように、アンケートとしても非常に秀逸です。

他にも、病院受付やビジネスにおける電話対応における情報収集+記載にも使用できるとおもいます。

受付業務は、毎度同じことを聞かないといけませんので、Googleフォームでアンケート形式になっていると聞きそびれもなく、スタッフに記入していただいた先からスプレットシートに反映もされるため、データ管理においても非常に有益です。



新着記事

【骨質低下】骨密度とは異なる治療方針が必要?? 【骨粗鬆症】骨質低下の所見として、アレが有能だった!? 【最高】医師のQOLを上げるには、Web学会が最適解だった件



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*