原発性骨粗鬆症治療の薬剤選択〜フローチャートシステム〜

ブラウザの戻るボタンは押すなよ!

今回は、アカウント名「骨粗鬆症が嫌いな脊椎外科」さんとのコラボです!!!

ほぼ、おんぶにだっこさせてもらってますwwww

「骨粗鬆症が嫌いな脊椎外科」先生は、多くの有益な情報を発信されておられます!!

ぜひ、Twitterでフォローしてください!!

「骨粗鬆症が嫌いな脊椎外科」先生のTwitterをみる!!




注意
管理人の独断と偏見が含まれていますので、あくまで目安としてご利用ください。薬剤選択については、実際の患者さんの生活状況や身体状況、内服状況などに応じて薬剤を選択し、自己責任でおこなってください!
原発性骨粗鬆症の診断基準のフローチャートシステムはこちらから。

診断基準・スコアの一覧へ

Q1
これまでの骨粗鬆症治療歴は?

設問のはじめにもどる

下記に、この記事に関するアンケートがあります。
よろしくお願いします!

各治療とビタミンDの併用について
腎機能やCa値を確認しながら必要に応じて使用してください。
一般名と商品名
デノスマブ→プラリア®️
ロモソズマブ→イベニティ®️
テリパラチド→フォルテオ®️、テリボン®️
オシゴト整形外科医のアンケート

    *印が付いているものは必須です。

    診療科は?*

    何年目ですか?*

    コメントする記事を選択してください