【おしらせ】アプリ「骨粗鬆症治療薬くん」をリリースしました

【悲報】”『職業・医者』は一生安心”の終焉


”医者になったから、一生安泰、不自由なく生活できる”

という時代は終わりました。


ひと昔前とは違う医師人生

これからは、医師の数が増え、激しい競争の中に入ると予想されます。

弁護士・歯科医も”少ない”とされ、数を増やされたあげく、「過剰になる」という現象がこれまでも起きており、近年徐々に医師数が増やされていることを考えると、全く他人事ではありません。

医師はこれまでは、その「希少性」から社会的な優位性を保ってきた部分があります。

働き方改革による厳しい残業規制がおこると、これまで残業で高かった給与水準は ガクンと落ちます。(若い先生は、給与明細をみてください。あなたの給与のほとんどは「時間外手当て」なはずです)

ちょい金持ちの医師には、お国からのピンハネ(税金)のいいカモであり、今後も社会保障を手厚くするためなどの理由をつけ、増税の対象になりやすい属性です。

つまり、手元に残るお金は減る一方です。
ちなみに
逆に、一線を超えたお金持ちは、法人の影に隠れて税金を免れたり、海外に拠点をおいて日本国の税金の支払いを免れるなど多様な手段を持ち合わせています。

【これだけ】身に付けておくべき税金の知識 しかし、周囲からの「医師に対する目」は以前からのままで、

『お医者さんって、給料いいからいいわよね。』
『大きな家や高級車をお持ちなんでしょう?』

と、言われます。 

人生のことを教えてくれるのはダレ?

一般的に、医者は社会に出たことがありません。私もそうです。

ごく一部の医者は、社会を相手にビジネスで稼ぎ、多様なキャッシュフローを形成していますが、 多くの医師は違います。

では、人生のこと・社会のこと・お金のことを教えてくれるのはだれでしょうか?

以前までの経済成長期を爆走してきた爺先生の「お説教」は、全く参考になりません。

『一生懸命働けば、贅沢できて生活は楽になるよ』というのは、経済が上向き、 税金が安く、お金は銀行に預けているだけで膨れ上がっていく時代のお話です。

これをそのまま、鵜呑みにしているようでは、もはやガラケー状態です。

医者はカモ

医者は、社会から見ると、いいカモです。

その理由は、

  • マネーインテリジェンス(お金の知識)が少ない
  • お金をたくさん持っている
  • 時間がない
  • 社会的な信用度は高く、銀行融資はひきやすい
などが考えられ、高額なものを売りつけるにはもってこいです。

国から見ても、年収1000万から2000万くらいのサラリーマン医は、 税金を持ってきてくれる格好の餌食。

日本の医師の資格は、ほぼ日本でしか使えないため、海外にも逃げていきにくい。

節税といっても、一般的には、ふるさと納税と保険控除くらいしか手段がない。

そんなこんなで、働いた分の40%以上(累進課税なので、全額に対してではありません)をもっていかれます。

つまり、何もしなくても、ものを買うときには、「本来の金額よりもかなり高額に購入している」というイメージです。

その上で、さらに医者だから、、と高額なものを売りつけてくるやつら。

一生懸命勉強して、医者になり、身を削って働いた「大切なお金」は、このような現状です。

医者だって節約する時代

そんな理由で、医者だって節約が必要な時代です。

返済可能だから、自分の給与の満額を月々の生活費とローンにつぎ込んでいては、 もはや自由はありません。

お金の奴隷になっています。


お金の奴隷

周囲に、自分よりも稼ぎが多いはずなのに、バイトや当直にしがみつき、日々疲弊している先輩はいませんか?

なぜ、医者は給料がいいはずなのに、お金がないという感覚が生まれるのでしょうか??

それはお金の奴隷になっているからです。毎月の返済に追われているからです。

お金の奴隷になると、

  • 自分のライフステージが変化したときに対応できない
  • 何歳になっても、当直ざんまい
  • 家族や大切な人と一緒に過ごす時間がない
  • 病気や怪我をしたときに対応不能

と、ほぼ綱渡り状態。

あなたは何歳まで働くつもりですか?

自分が今している、手技や手術は何歳までそのパフォーマンスを維持できますか?

医師には、かならずキャリアの分岐点がきます。

そのときに、お金の奴隷では対応不能。

あなたが今感じている、邪魔な爺医状態になる可能性があります。


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

本当に大切なものとは?

あなたにとって、「本当に大切なもの」は、今後変わります。

そのときに、対応可能な状態にするには、お金の奴隷であってはいけません。

好きな人と・好きな時間を・好きな場所で過ごすためにも、医学のみではなく、幅広い分野について勉強を続けてください。

すでに数年医師をしてこられた先生方も、もしこの記事で思い当たる節があれば、 まずは気付くことができました。

そこから始めてみてはいかがでしょうか?

新着記事

【これも知るべき】Gmailで名前バレを防ぐ方法 【目から鱗】肩のエコーはここまで来た。 【医師は絶対知るべき】えー!!!オジサン知らないのぉぉ!?? 超絶便利Googleフォーム(シリーズ2)

コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。