【超絶便利】IFTTTをつかって、GoogleカレンダーとLINEを連携させると仕事がはかどる



いや本当に便利だからつかってよ
IFTTT好きね

できることまとめ
  1. Googleカレンダーにイベントを追加した時にLINEに通知できるから、カレンダー共有者間でいつ追加したかがわかる
  2. 自分用にリマインダーとして使用することも可能(Googleカレンダーのイベント時間の決められた時間前にLINEで通知可能)
  3. カスタマイズが簡単で、頻用のLINEを使えることがミソ


IFTTTとは?

IFTTTとは
IFTTTは、異なるソーシャルメディアやプラットフォームを連携させるWebサービスです。Instagram(インスタグラム)やGoogleドライブ、Evernoteといったプラットフォームの仲介役をしてくれます。
「IFTTT」という名称は、「IF This Then That」の頭文字。「もし、これをしたら、あれをする」といった意味合いです。
その名の通り、あるツールで特定の動作をしたときに、別のツールで付随した動作を自動的に行えるのが、IFTTTの機能です。

引用URL:https://ferret-plus.com/7940#p1

要は、いろんなwebサービスの連携の仲介をしてくれるってわけ
難しいプログラミングなしでね


LINEとGoogleカレンダーを連携するメリット①

先ほどもお伝えしたように、
他の人とカレンダー連携をしている人がいる場合に、相手がカレンダーに追加したことを気づかないという問題点があります。

Googleカレンダーにはデフォルトでメールで通知するという方法がありますが、メールだと他の不要なメールに邪魔されて気づきにくかったり、そもそも通知を切っていたりと、プッシュが足りないという人もいるとおもいます。

普段からよくつかうメッセージアプリのLINEであれば、見逃すこともすくなく、通知も個別に設定しやすい(人やグループによって、通知をOn/Off設定できる)ので、非常に便利です。

TimeTreeというアプリで同様のサービスもありますが、正直世の中のカレンダーアプリは、結局Googleカレンダーが大元になっていることが多いので、そちらの方が使い勝手がいいです。

LINEとGoogleカレンダーを連携するメリット②

自分用のリマインドとして使用可能で、どうしても忘れてはいけないものがある時にLINEで通知してくれると非常に便利です。

リマインダーもいろんなアプリがありますが、やはり一番通知を見ることが多いLINEに通知できるというのはかなりの強みです。

もちろんGoogleカレンダーの中でも、リマインダー用など、項目(カレンダー)を別に作成してそのカレンダーに対してのみリマインダーをLINEに通知するなどの細かなカスタマイズも可能です。

まじで、大事な要件を覚えておかなくちゃ・・・・ってのが減りました。
頭空っぽの方が夢詰め込めるからなwwww


新着記事

【外側円板状半月】Save the meniscusはわかるけど、どこまで残す? 【超絶便利】IFTTTをつかって、GoogleカレンダーとLINEを連携させると仕事がはかどる 【熱量】やりがいがあって、社会的に感謝されることと、お金が稼げることは必ずしも一致しない



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。