【アナログ大国 日本!!】新型コロナワクチン接種が進まない状況で世界に露呈

国内でも新型コロナウイルスワクチン接種が始まっています。

新型コロナウイルスワクチンの確保の見込みは出ているようでしたが一向に接種が進まない状況に、世間はイライラしているようです。

その原因は多岐にわたると思われますが、ひとつにアナログ大国であることが考えられています。

一部では、注射の打ち手不足とも言われ、ここでも医療者が叩かれる結果になってます泣


よくもまあ、他の因子を無視して医者のせいにだけできたもんだわ。




アナログ大国日本

高齢者の先行接種がスタートしたのですが、接種予約は日本のお家芸とも言える、電話や紙を用いたアナログ戦術です。

そもそも、高齢者はデジタル対応していなくても快適に過ごせるように、「共助」の名の下に支えられてきました。

メールやLINEなどのコミュニティツールがあっても、回覧板を回し続け、広報を配り情報が行き届くように配慮されているわけです。

ペーパーレス化も環境大臣は注目しないのかね?

インパクトが小さいからかな?とはいえ、レジ袋有料化のインパクトは計測すらされてないけど・・

二言目には、「人と人とのふれあいを大事に!」・「高齢者をネット犯罪から守ろう!!」と言いつづけ、高齢者がネットを学ばなくてもいいように遠ざけてきた結果とも言えます。

コレ言ってた人たち、新型コロナウイルスのパンデミックになってから全く見なくなったけど元気にしてるかな??

もちろん、ふれあいも大切ですが不要な接触で感染機会を増やすのは賛同できません。 

感染症も新型コロナウイルスのみではなく、今回のパンデミックが収束した後にも注意する必要はあります。

もっというと、今回のパンデミックで感染対策を実施した結果、通年より高齢者の感染症による死亡数は低下した結果をみると、そもそも高齢者は感染対策やソーシャルディスタンスの必要性もあったことが伺えます。

パンクする病院・クリニックの電話

現在、病院やクリニックでは、ワクチン接種関連の高齢者からの問い合わせ電話が鳴り止まず、通常業務にも支障をきたすというトラブルが生じています。

コレをみると、トイレットペーパーを買いに、開店前から列を成していた高齢者が頭をよぎります。

電話は、受ける側の説明の手間と時間が多く割かれてしまうツールであり、最近では日本の企業でも問い合わせはメールのみ対応というところも増えています。

このようななか、普段から忙しい医療機関に電話でアタックしても懇切丁寧に対応してくれる日本の医療機関は素晴らしいと思います。

今回の件を踏まえて、今後はもうすこし、デジタルに対応できる人にも優しい世の中になって欲しいものです。


新着記事

【復習】非定型大腿骨骨折を、もう一回整理し直したてみた 【ビスホスホネート製剤】中止による非定型大腿骨骨折発生リスクは毎年〇〇%低下する!? 【知らないとやばい】非定型大腿骨骨折の最新知見はコチラ。



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。