オシゴト整形外科医の本はこちら!!

BTIを追加購入しました! 

お仕事整形外科医です。


すこし、報告が遅れましたが昨年末にSPYDを購入しました!


高配当ETFとして人気のSPYDですが、購入時には4%前後と、昨今の米国強気相場に押されて、やや低下傾向でした。






BTI

今回は、買い増し案件です。


ブリティッシュ・アメリカンタバコ(BTI)は、押せ押せ株式市場のなかでも、あまり株価自体が伸びていない銘柄です。


タバコという分野自体に逆風が多いためと思われますが、実は2018年に記録した一株70ドルまで回復できていない不人気銘柄なのです。


この強気相場の中でも配当利回りが5%後半と高値をつけており、今回追加購入となりました。


営業キャッシュフローマージン20%越え、フリーキャッシュフローもプラス(2017年はレイノルズの買収でマイナスになっていますが、、)と財務的にはそれほど厳しくはないのですが、株価は将来の見込みを織り込んでいますので、投資家の中では将来性が悲観的なのかと考えます。


米国株式のADR銘柄であり、海外課税はありません。


NISAで購入しました。


NISAの場合の注意点は、

  • 損失をだしても、損益計算に反映できない
  • 外国課税がある銘柄の場合、確定申告時に外国課税分を回収できない

そのため、株価が下がっても損だしはしにくく、さらにADR銘柄以外の米国株の多くの場合、給与所得がしっかりある私のような人の場合には、米国課税を取り戻すことができません。

まとめ

しばらくは、ADR銘柄や米国課税のないものにNISAを当てていこうと思っていますが、ポートフォリオが偏るのも危険であるため、分散と注視をしていこうと考えています。


コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*