【骨粗鬆症】骨形成促進からの骨吸収抑制が有効!?

SNSでも学習機会を得られる時代になってきました。

もちろん、ネット上のことなのでその真偽の最終判断を自分ですることになりますが、「きっかけ」という意味では非常に有効なツールになりつつあります。

最近、骨粗鬆症治療について、SNSで発信されている方がおられます。

投稿されている内容は有用なものが多く、とくに引用文献をつけてご発言されているものについては、新しい発見や、近年の流れを汲み取ることができます。

もちろん、文献の選択バイアスがかかっている可能性はありますが、非常に有益ですので一つ紹介したいと思います。

また、参考にさせていただいた方のSNS投稿は非常に有益ですので、骨粗鬆症分野の勉強をしたいと考えている先生はぜひフォローを推奨します!!
Twitterアカウント(@PsoWAjNTNvsGaUR

骨粗鬆症の注目度はまだまだ上がってきています
潜在患者数もむっちゃおおいから、薬屋さんからの注目度も高い!!





テリパラチド使用のタイミングについて

今回取り上げる投稿は、先ほど紹介させていただいたアカウントの先生からのものです。





テリパラチドの使用のタイミングについては、以前から、保険的に重症骨粗鬆症の病名がないと使えない地域もあり重症になってから使うものという認識の先生と、先にテリパラチドで骨を作ってから、吸収阻害に移行するべきという意見の2つがありました。

個人的にも年齢に関係なく、先に骨を作るべきというのを支持していましたが、その論拠を示されている論文を取り上げていただいています。

Bisの休薬とテリパラチド

保険上、テリパラチドは生涯で使用回数が限られていることから、「ビス剤の休薬期間のためにとっておく」という先生もお見受けしたことがありますが、最近ではイベニティ(ロモソズマブ)も使用可能になり、こちらは、使用回数制限はない(連続で可能かどうかは、MRなどに確認してください)ため、ビス剤の休薬として使用しやすいものがあります。

先にビスを使用してテリパラチドに移行すると、骨折の頻度は上がりませんが骨密度としては低下するデータもあることから、可能であればまず骨形成系というのも一つの手段であるとおもいます。


新着記事

【骨質低下】骨密度とは異なる治療方針が必要?? 【骨粗鬆症】骨質低下の所見として、アレが有能だった!? 【最高】医師のQOLを上げるには、Web学会が最適解だった件



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*