整形外科医からみたワクチン接種手技

新型コロナワクチンの接種が進む中、今後診療所にバイトにいっているとお願いされることも急に出てくるのではないか?とおもい調べてみました。

そもそも筋肉注射は、トリガーポイント注射として整形外科医のなかには数をこなしている人もいると思いますし、手術中に骨の位置を確認するためや局所麻酔、出血予防としてのE入りキシロカイン注射などを打つ際にも結構筋注ってしますから、意外と整形外科医と相性のいい(?)注射手技なのではないか?と思います。

今回の参考記事です。

https://www.kyoto.med.or.jp/covid19/covid19_vaccine_anaphylaxis/index.html

田舎のクリニックではインフルエンザワクチン接種など、結構色々お願いされます
バイト先で「できませんじゃ」カッコ悪いしな





新型コロナワクチンの筋肉注射の方法

場所としては、当初肩峰から3横指遠位と言われていました。

肩峰といえば、鎖骨骨折や上腕骨近位骨折の手術や肩の関節鏡でメルクマールになりやすい部位ですが、整形外科一年目の先生に聞くとなかなか正解率の低い場所です。

そこから3横指遠位に打つのは、三角筋を横走する腋窩神経を避けるためですが、この腋窩神経も上腕骨近位部骨折のプレート固定でほとんどの整形外科医が注意している神経です。

しかし、3横指だと、三角筋下滑液包に当たる可能性があり、注射後に肩関節の挙上が困難になるSIRVA(Sholder Injyurt Related to Vaccine Administration)が報告されています。

ですので、今回参考にして記事では、前後の腋窩ひだの上縁を結ぶラインの高位を推奨しています。

この高位では肩峰から10cm前後になるため腋窩神経のより遠位になります。

上腕を内旋すると橈骨神経が前方に出てくることも知っていますし、骨に当たっても整形外科医なら焦らないです。

意外と整形外科医に向いてるんじゃね?

アナフィラキシーに対する0.1%アドレナリン注射

こちらも、大腿外側部への筋注が基本です。

大腿骨のネイルの際にも、注射することもありますし、整形外科医向きではないかと思います。

注意点は0.1%アドレナリンでは0.3mg=0.3mlが筋注の量ですので、1mgシリンジでは全部筋注すると多くなります。

正確には0.01mg/kgで、最大0.5mgですから、0.3mgは疑いに対しても無難な量とも言えるかもしれません。

(最終的なご利用についてはご自身で情報の確認をお願いします)

また、事前に不要な量を破棄しておいて、筋注してすべて入れるべきともされています。



新着記事

【骨質低下】骨密度とは異なる治療方針が必要?? 【骨粗鬆症】骨質低下の所見として、アレが有能だった!? 【最高】医師のQOLを上げるには、Web学会が最適解だった件



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*