【うけるwww】日本の大企業は、8割お国のもの



お仕事整形外科医です。


日本の株のほとんどは、日本のお国が購入していることが明らかなになりました。



以前から、日銀の株式市場への巨額の財政出動が行われていましたが、その結果、東証1部企業の8割にあたる約1830社で事実上の大株主が、年金資産を運用する国の独立行政法人と日本銀行という爆笑な結果となっています。

リプ欄の中には、もはや日本は共産主義なのでは?という言葉すら踊っています。

まとめ
  • 日本銀行が市場にお金を流すことの影響力
  • 財政出動の恩恵を受ける人、受けない人
  • 恩恵を受けるには、どう行動すべきか?


貧しくなったね・・。日本って
与えられた環境でいかに波にのるかを考えないとな。






日本銀行さんが日本の株式市場をささえているよ

日本は、長期的なデフレから脱却できずにいます。

デフレは、「待ってりゃ商品の値段が下がるから・・・。」と消費行動を鈍化させ、市場の金の巡りを悪くします。

もちろん、インフレも過度になると、パン一個に札束山ほどみたいな国みたいになるリスクもありますが、今のところ日本では生じにくいと考えられています。

日本はお金が足りないなら、自国でお金をすることができる「通貨主権国」です。

なので、お金をすればいいのですが、すりすぎると、「ハイパーインフレがくる!」「通貨の価値が下がる!」と言い始める人たちもいて、なかなか通貨発行量を増やせずにいます。

そこで、市場にお金を流通させる他の手段として、日銀が日本の株式市場に介入し、株価を買い支えるという、他の国ではあまり類を見ない対策を講じています。

この手法については賛否ありますが、ここでは取り上げません。

しかし、その結果として、東証1部企業の8割にあたる約1830社で事実上の大株主が、年金資産を運用する国の独立行政法人と日本銀行という状況になっています。

もはや、日本の株を買っているのは日銀だけなんじゃないか?という意見まであります。

反対派の方々の意見

「税金を大企業に投入して、金持ち有利な経済対策をしている!」と、いう反対派の方がおられます。

そもそも、日銀がすったお金が税金なのか?という疑問もさることながら、本当に金持ち優遇なのか?また、その波にのる努力はしないのか?という疑問が生じます。

大企業が潤えば、ある程度市場にもお金が流出します。めぐりめぐって、社員に還元されているかもしれませんし、商品価格にも影響を与えているかもしれません。

その点、本当に金持ちだけが有利といえるのでしょうか?

また、今の時代、クリック一つで、日銀と同じく、大企業の株主になることによって株高の恩恵を受けることができます。

わかっているのに、その努力もしないで批判だけ続けている人は、何も行動を起こさずに、ただどこからともなく湧いてくる甘い蜜を待っているだけの人と言えます。

行動をおこさないと、恩恵には賜れない

報道でピンチとされることは、かならずしもピンチばかりではなく、行動によってはチャンスに生まれ変わります。


批判ばかりして、自分の人生の舵取りを他人に任せるような人間にはなりたくないものです。





新着記事

【非定型骨折】完全骨折を予測するスコアリングシステム 【復習】非定型大腿骨骨折を、もう一回整理し直したてみた 【ビスホスホネート製剤】中止による非定型大腿骨骨折発生リスクは毎年〇〇%低下する!?



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。