【拝啓】MRさんへ。最近見ませんが、お元気ですか?

お仕事整形外科医です。


新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を強いられていた方も多いと思われます。


私たち医療者が普段お世話になっている製薬会社の営業マン(MRさん)も、例外とはならず在宅勤務となっていたようです。


最近では病院側からも「MRさん面会お断り」とされているところがほとんどかとおおいます。

面会制限しているなかでMRさんOKとはしにくよな。。。

私のいってるところも全てお断りになっています。






MRさんの危機

このような状況のなかでも、売れている薬はしっかり売れています。


MRさんのなかには、「在宅勤務で、営業いかなくても同じように給料もらえるとかラッキー!!」と感じている、頭の中が年中お花畑な方もおられるようです。


しかし、これは経営陣からすると、もしかして、営業マンいなくても薬って普通に売れるんじゃね?という疑いにもなります。


実際、薬の売り上げとしては、病院の経営不信と相まって下がる可能性がありますが、それ以外の因子で売り上げが下がるような薬は、いつかは売れなくなる薬とも考えられます。


「MRがいないと情報提供がーーー!!」と言われる方もおられるかもしれませんが、最近はMRさんもバーチャルかしていますので、将来はVtuber MRさんが出現するのではないかと思います。


VR MRさんは、

  • 低コスト
  • 医師側もいつでもアクセス可能
  • 登録して貰えばプッシュ通知も可能
  • わかりやすく、全国統一になる
  • 編集も簡単
  • 維持費も、人件費や採用コストなど考えると安い?
  • なんならキャラも清潔感のある、美人さんやイケメンにもできる

と、メリットが多数考えられます。


医師の中には、以前ほど接待もなくなり、MRさんとのやりとりが負担に思っている人も多いと思います。


その点においてもVR MRさんは今後普及する可能性もあります。

MRさんからみた、1つの仕事に依存する生き方とは

このように、仕事は環境によって、突然奪われる可能性があることがわかりました。


1つの仕事・1つの収入のキャッシュフローしかない状態は脆弱としか言いようがありません。


医師の仕事もそうなっていく可能性は十分考えられます。


いまは、数もすくなく重宝されますが、毎年医師数を増やす傾向にありますし、新型コロナウイルスのこともあり医療従事者の拡充にさらに世論が動く可能性もあります。


すくなくとも、医者が診察室でふんぞり帰っていられる時代は終焉を迎えると思います。br />

まとめ

今回の件で、ビビリの私の中ではっきりしたことは、

  • 複数の収入フローを作ることは、時代を生き抜く上で必須・精神的な安定にもつながる
  • 収入と支出のバランスに余裕を持たせる
  • 資産運用は毎月のフリーキャッシュフローから行い、その金額も自分で調整がきくものがいい
かなりディフェンシブな内容ですが、私のような人間医はぴったりです。


その点でも現物取引のみの株式投資は、とても適しています。








新着記事

新着記事

【保険診療の溝】非定型大腿骨骨折にPTH使用は激ムズ 【緊急提言】エルデカルシトールおよびアルファカルシドール供給不足に伴う骨粗鬆症患者への対応 【アクションカム】GoPro最強説はわかる。でも、コスパが・・そんな時の選択肢


コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。