【節約】1000円カットにいってみた

お仕事整形外科医です。


投資をして、FIREを目指す上で節約は欠かせないキーワードです。


節約は、お菓子を減らす、電気代やガス代を節約するなどの細かい節約よりも、毎月の大型固定費を見直した方が効果的であることは知られています。


お仕事整形外科医は、以前から美容院にお金がかかると以前から感じていました。


美容院は、マッサージや丁寧なシャンプー、サロンの雰囲気などで付加価値を提供してくれますが、いつも自分にとっては不要であると感じています、


また、短髪は意外と髪型が短期間で崩れやすく、通う頻度も髪が長い女性よりも短いことがあり、通うこと自体に時間と予約の手間、ストレスを感じることから嫌気がさしていました。


そこで以前から、いつか行きたいと感じていた1000円カットの世界に飛び込んでみました。

まずは、食券制であることに驚く

人件費を抑えるための最低限の人員配置しかいませんので、お金のやりとりはすべて機械です。


確かに、お金をやり取りするのには時間と人とスペースが必要になります。


それをおもいきってカットした素晴らしい手法だと思います。

基本的には、時間制

1000円カットは、基本的には15分1本勝負。


たしかに、美容院でもなんだかんだカットの時間は短いなと感じたこともあります。


時間を大切にする身としては、とにかく必要なことをギュッと詰め込んだ商品であり、ニーズにマッチしています。


正直、私はマッサージやシャンプーもこっぱずかしくてあまり好きではありません。


また時間が決まっていることで、前に数人いても何となくの時間が読めます。

まとめ

私のような、髪のカット以外の付加価値を求めないような人には非常に適したサービスでした。


普段美容院に行くと2ヶ月前後に1回4000円近くかかっていたのですが、1000円カットになると、年間で約18000円の節約になります。


たかが18000円と思われるかもしれませんが、年利3%の金融商品では投資額は税引き前でも60万円の投資が必要です。


セミFIREを目指すものとしては、節約は切っても切り離せません。


コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。