管理人からのお知らせ
診療で使うスコアリングのページ一覧を作成しました!ここをクリック!

【WordPress】自分のメディアをもとう! ローカル環境での開発方法もご紹介

お仕事整形外科医です。


現在、世界に存在するwebページの約3割で使用されていると言われているWordPressですが、これまでローカル環境での開発環境設定を知りませんでした。

WordPressはオープンソースの無料CMSのトップシェアを言っても過言ではないサービスですが、まずは、CMSの紹介からはじめます。

CMSは「コンテンツ管理システムのことで、Webサイトを構成する要素を管理しているもの」です。

参考
Historical trends in the usage of content management systems for websites

なんのこっちゃわからんと思いますが、要は、「比較的簡単にwebサイト作るためのシステム」やと思ってください。






まとめ
  • WordPressのメリット・デメリット
  • ローカル環境での開発手順
  • 他にも自分のサイトを簡単に持つ手段

個人で運営するなら、WordPressくらいで十分です。

小さな企業くらいでもWordPressで十分。
Webデザイナーの中には、disるやつもいるけど、自己満足系Webサイトを高額で販売してくるやつが紛れてるwwww

WordPressのメリット

WordPressを利用せずにWebページを作成するには、ある程度の専門的な知識が必要です。

とはいえ、静的ページであれば(トップページのヘッダーのスライドショーなどがないもの)、HTMLとCSSの理解があればそこそこなものは作れるのですが、ファイル構造やFTPツール管理なども必要になるため、名前だけ聞いて嫌になる人も多くみられます。

WordPressでは、その辺の知識全くなしでもwebサイトが構築可能です。

よく比較されるものに、無料のブログサービス(livedoorブログやAmebaブログ)があります。

これらとの比較も含めて、メリットは、

  1. 不要な広告がつかない
  2. カスタマイズがかなりきく(自由度が高い)し、デザインも豊富
  3. プラグイン(アプリみたいなイメージの理解でいいと思います)が豊富

です。

WordPressのデメリット

一方でデメリットは、

  1. 開始当初はアクセスがほとんど得られず、孤独
  2. ちょっとは知識いる
  3. 自分でセキュリティ対策が必要
  4. ドメイン取得とサーバー契約が必要

と、いったところでしょうか?

livedoorやAmebaのブログサービスを利用する場合、交流機能が初めから内在しているため、ブログをやっている人どおしで初期から閲覧数を稼ぐことができます。

また、Googleなどの検索で、上位表示されるようにするための「SEO対策」と呼ばれるものが、不要で、比較的早期から上位表示してもらえるようになります。

WordPressで作成したサイトも、閲覧数の増加や、内部・外部SEO対策を講じていくと徐々に上位表示されるようになってきますが、特に初期は孤独ですwwww。

この孤独感が、記事アップの継続をやめてしまうもっとも大きな理由の一つともいえます。

ただし、WordPressは先ほど述べた、SEO対策やセキュリティ対策もある程度プラグインで簡単い行うことが可能です。

たしかに、少しの勉強は必要ですが一度やってしまうとあとは、自動化しますので楽勝です。

広告などの挿入も自分で行うことができ、ページ全体を比較的自分が管理している感じになれます。

ドメインやサーバーについては用語の説明からします。

ドメインは、住所みたいなもので、そのサイト固有のURLだと思ってもらえればいいと思います。

サーバーはその住所にある家だとおもってください。

実際には、サーバーにファイル情報を格納して(ストレージみたいなイメージでしょうか?)、ブラウザに認識してもらい表示するという感じです。

これらの契約も比較的レンタルサーバーサービスで簡単にできますので、ご安心ください。

ちなみに、おすすめはエックスサーバーです。

管理も楽ですし、UIもわかりやすくできていますし、QandAも豊富です。

WordPressをお金をかけずに体験してみたい人へ

WordPressを体験するという意味で、ローカル環境(自分のパソコン上)でレンタルサーバー契約をせずに開発環境を整える方法があります。

Localというサイトにアクセスして(「Local wp」で検索するとヒットしやすいです)、おこないます。

こちらのサイトでLocalのアプリをダウンロードします。

Localのいいところは、もともとWordPress開発に特化したサービスであり、比較的簡単に無料で開発が始められるとことです。

ただし、ダウンロードするWordPressは英語版であり、初期設定として、言語を日本語にします。

setting>languageから日本語を選べばOK

次に、設定>一般のなかの、時刻をUTC+9にします。

これで、日本語化し、時刻を日本に合わせることが可能です。

次に、プラグインで「WP Multibyte Patch」をダウンロードし、有効化することで言語設定は終了となります。

あとは、いろいろ触ったり、わからないところはググるだけでも、そこそこのサイトは形成できます。

詳細はUdemyのワードプレスの講座を参照ください(https://www.udemy.com/share/103DL5AEAddFdQR3gE/





新着記事

【煽り】「次、下がったら買う」って言うてた方々!チャンスですよ! 【勉強】骨粗鬆症治療導入時の歯科治療の考え方 【医療関係者に感謝!!】給与所得控除は減額。勤務医は働いて、お国にがっぽり渡してください〜2020年所得税法改正〜



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*