【おしらせ】アプリ「骨粗鬆症治療薬くん」をリリースしました

ネットでの請求業務を、名前を明かさずに行う方法

ビジネスをしていると、請求業務がどうしても発生します。

我々医師は、忙しく請求書を作成して・郵送して・振込を確認してという
作業をアナログで行う暇はありません。

そこで、今回は請求書作成・振込確認をオンライン上で完結し、
さらに名前も公表しない方法を説明します。

悪用は絶対にしないでください。paypalを利用しますので、悪用すると結局バレます。

追記:同意書作成もオンラインで可能になっています。その内容も少し触れます。

請求業務

pay palアカウントを作成してください。

ホーム画面のツール>請求書ツール>作成>請求書を作成
から作成します。この時に名前がバレないようにする注意点として、
事業情報編集ボタンをクリックします。

ここから、名前、住所、電話番号、メールアドレスを消してください。

あとは、商品名や税金、値段のチェックをして、送信ボタンにカーソルを合わせます。

そうすると、paypalから送信にするか自分でリンクを送信をチェックします。

自分のフリーのばれてもいいメールアドレスを利用してメールを送信する場合には、
自分でリンクを送信にして、送信します。

*私は、さすがにメールアドレスも伏せるのはやりすぎだと思うので、
フリーで取得してこちらは公開しています。

オンラインでの同意書の作成・同意業務について

こちらは、adobeシステムを利用しています。

有料サービスで、年間1万円(税抜き)かかりますが、自分が請求書を作って、
郵送して って業務を考えると安いものです。Adobe Signというシステムでその特徴から

・同意書の内容を編集可能

・同意書の送信先と、同意書の署名者が別の場合にも対応可能

・同意書の進捗状況を適宜確認可能

同意書の内容を編集可能

同意書の内容を自由に編集可能です。

例えば、チェックボックスを入れる。日付を入れる。会社名を記載してもらうなど、用途に応じて変更可能です。 私は、社名と日付、チェックボックスを入れています。



adobeの凄さはここから。

メール送信後に、現在同意書がどこにあるのか?を追跡して逐一報告してくれます。

例えば、営業マンに同意書を送信しても、その人に責任を負うだけの社内での権限がない場合にはそこから転送されます。転送先もこちらに伝わってきます。

電子契約の特性上、だれが署名したのか?をあきらかにすることで実筆と同等の影響力を持つことができます。

これを勝手にやってくれるのは、素晴らしいですね。

まとめ

医師は、自分の時間あたりの売り上げが非常に大きいので、とにかく、らくにビジネスをやる方法を常に心がけるべきです。

時間をかければアナログでも対応可能かもしれませんが、現代の場所と時間を超えられるツールをもちいる方がベターと思います。



コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。