【おしらせ】アプリ「骨粗鬆症治療薬くん」をリリースしました

反省 上場廃止について (BT)

今日はBTグループ株についてのお話です。

最近、追加購入していたのですが、突然SBI証券で注意銘柄に登録されていました。

ADR終了に伴う上場廃止。
9/13-9/20までOTCでの取引。9/23にADR終了(OTCでの取引不可)。
2020/3/23までに、?1ADRにつきBT普通株5株の受領、もしくは、?1ADRにつきBT普通株5株の売却代金相当額の受領のいずれかを選択となりますが、当社ではBT普通株は非取扱市場のため、?を選択予定です。
2020/3/23以降、売却代金相当額を受領次第、お支払いたします。
SBIのサイトより

上場廃止になるので、9月中旬から取引が不能になるとのことでした。。

突然のお別れ宣言

なに、、、

確かに株価は下がってきていたけどそれを見越して
分配金利回りが上がってきていたのを見て購入したのに。。

上場廃止の原因は主に3つ

1.倒産
2.買収(公開買い付け)
3. 不祥事など
4. 企業の方針

原因検索

まずは1について

BTの財務諸表

短期決済で流動比率は100%以上
経常利益もプラス。営業CFもフリーCFもプラス
あまり、関係ないようですね。

BTの買収、不祥事

つぎに2。BTの買収の話はありませんでした。
不祥事もとくになさそうです。

企業方針

4は、上場をやめることで、企業買収のリスクを減らすなど
メリットがある場合もあります。

しかし、投資家が事前に予測することは難しそうです。
たしかに、チャート上では下りの一方だったので
それが兆候だったのかもしれません。。

日本株の場合

日本株では
1. 管理銘柄(まだ、取り消しになる可能性がある)
2. 整理銘柄

の順に取り返しがつかなくなります。
管理銘柄の時点で株価が大きく動く可能性がありそうですね.

個別銘柄とETF

なお、個別銘柄よりもETFの方が、上場廃止によるリスクは少ないようです。

保有しているETFがまさかの上場廃止に!その時あなたがすべきことより

さらに、”高配当株への投資は、安全性を加味してポートフォリオの50%くらいにとどめるべきとの意見もあります。”
アメリカ株の場合には、個別銘柄へのオンは特に注意しようと思います

まとめ

以前、アパホテルの社長が

“上場なんて金のない奴がすることだ”

と、上場企業を痛烈に批判していたことを思い出しました。

たしかに、上場はお金が集まる一方で、
企業としては仕事が増え、株主に経営報告や方針の
説明をしなくてはいけないなど面倒なこともたくさん。。。

今回の反省を生かして、

「やっぱり初めは諸先生方の方式を模倣することが大事」

と痛感しました。

コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。