オシゴト整形外科医の本はこちら!!

ビットコインか?金か?
リスク資産のヘッジになりうるのは?

ビットコインが暴落しています。

これに乗じて、ビットコインを購入する動きもありますが、素人にはついていけないくらいの値動きを見せています。

短期投資家たちが、駆け引きを繰り返しているものと予想しますが、素人は危なっかしくて手が出せません。

お仕事整形外科医も以前ビットコインを購入したこともありましたが、株式投資の「か」の字もわからない時期の購入であり、早々に撤退しました。

リスク資産のヘッジになりうるか?

リスク資産とは、元本割れの恐れのある商品を指します。

つまり、株や投資信託・外貨預金もその範疇に入ります。

お仕事整形外科医は、株式投資が中心ですが、暴落時にはもちろん元本割れのリスクもあります。

その際に、リスクヘッジとなりうるのが、埋蔵量があらかじめ限られていると考えられている資産です。

デジタル通貨であるビットコインもこれに入ります。

デジタル通貨は金持ち父さん・貧乏父さんシリーズでも、将来のリスクヘッジ資産として注目されています。

短期投資家は、値動きの激しさを利用してキャピタルゲインを得ようとします。

一方、長期投資家は、デジタル通貨は株式市場と逆相関の関係にあるため、株式暴落時のリスクヘッジ資産としての位置付けをしています。

デジタル通貨は、リスクヘッジ資産という意味では金と同じですが、金とは、”現金へ換金の流動性のよさ”という点で、一線を画しています。

流動性の良さが生む、値動きの激しさ

デジタル通貨は値動きが激しく、その相場観が株式よりもつかみにくい状況となっています。

現在、ビットコインは目下下落中ですが、どこに底があるのかもわかりません。

また、金と同様に盗難のリスクは常について回ります。

その辺のリスクを踏まえた上での、投資ということになりますが、個人的にはただでさえ現金からかけ離れている金融資産であるため、金とデジタル通貨なら、金を保有したいと考えています。

理由は、

  • 通貨の代替えとして機能する現物資産
  • 資産を手元に保有している感が強い
  • 美としての価値(目の保養)
1つめと2つ目は、実際手元に金を持っているわけではないので、結局デジタル通貨と同じとも考えられますが、引き出そうと思えば引き出せるところに置いています。

やはり手に取れるものに最後はリスクヘッジを求めたいものです。

3つめは、なんじゃそれとも言われそうですが、私の中では金は、ポートフォリオの10%前後に留めると決めているため、ある程度資産が積み上がってきたときに購入する、ボーナスのようなものです。

美しさは、デジタル通貨にはありません。

まとめ

最後は好みだとは思いますが、金相場は上下するものの、全体としては右肩上がりです。

この点を踏まえると、やはり金にも魅力があるように感じています。


新着記事

HTOと同時に変性断裂の半月板縫合はするべきか? 【は?まじで言ってんの?】富裕層に課税して消費税減税!? 【オワタ】「日本は裕福」は昔の話。ここまで貧しくなったよ!!

コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。*印が付いているものは必須です。

    コメントを送信する*